カラーのチョイス

自分に似合うドレスは何色

皆さんは結婚式でカラードレスを着る機会はあるでしょうか。そのカラードレスを選ぶ基準として、自分の年齢や似合う色など様々な条件があるかと考えられます。最近の傾向では、シックな色を選ぶ傾向にありますがお祝いの席ですので明る色を選ぶほうがより華やかな印象を与えるでしょう。体型をカバーしたい、細く見えてほしいという考えからシックな青や紺、深緑を選ぶ人がいます。しかしそれでは、花嫁さんという印象が暗く映ってしまいます。場合によっては花嫁さんの顔色まで暗く見えてしまう可能性も考えられますので、どのように皆さんに見えてほしいのかをしっかりと考えたうえで華やかに見える衣装を選ぶとあなた自身の印象もかなり変わってくるでしょう。

色にはどんな力があるのか

カラードレスの色には様々な力があります。華やかに見える代表格として赤やピンク、イエローやオレンジがあります。これらはいわゆる暖色と言われるもので、見ている皆さんにかわいらしさや温かさをお届けできる色です。特にピンクは可愛らしくも見えますし色によっては大人っぽくも見えます。イエローやオレンジは元気な印象を与えてくれますので明るい性格の方にはとてもお似合いなのではないでしょうか。また、赤は色によってはエレガントな雰囲気を醸し出してくれます。それとは逆にシックな印象として多いのは青や緑色です。これらは大人っぽい印象を与え、身体をスマートに見せてくれますがあまり目立ちません。また、参列者の中にもこの色のドレスを着ている方が多くいるので重なってしまう可能性が考えられます。これらに注意してカラードレスを選ぶようにしてください。